幹細胞培養液ってなに?

幹細胞培養液は、幹細胞を培養するための培地として使用され、皮膚組織に必要な細胞外たんぱく質を多く含んでいます。

幹細胞培養液と幹細胞培養上清液の違い

幹細胞を培養する液と上澄み液

幹細胞培養液は幹細胞を培養するための培地のことです。幹細胞を含む液体で、肌再生成分であるサイトカインが含まれています。幹細胞培養上清液は、幹細胞培養液の上澄み液となります。上澄み液である幹細胞培養上清液のほうが濃縮されたサイトカイン(成長因子)が含まれ成分的にバランスが取れています。

化粧品に配合されているのは幹細胞培養液

幹細胞培養液は、主にアンチエイジングなど肌再生を目的とした化粧品に配合されています。幹細胞培養液は、点滴や注射などで直接体内に注入するなど、再生医療分野で使用されています。どちらもサイトカインを含む液でありながら、異なる目的で使用されています。

法令の基準に従う

細胞

幹細胞培養をする場合には、気をつけた方が良いことがいくつかあります。特に気をつけなければいけないのは、法令の基準に従って細胞の培養をすることです。幹細胞を利用することができるのは特定の目的の治療に限られているので、法令で認められている基準内で使用できる幹細胞を培養するための、計画を立てておく必要があります。そのために重要となるのが、幹細胞に関する法令を日ごろからしっかりとチェックしておくことです。現在施行されている法令はもちろんですが、これから施行される予定がある法令についても注意が必要になります。幹細胞を用いた治療法は日夜進歩していることから、新しい法令が施行される可能性がいつでもあるために、関連する情報を常に確認しておく必要があります。法令の内容が変わったことにより、幹細胞の培養方法を変更しなければいけない場合もありえるので、法令が変更される場合には計画を変更するなどの、早めの対応も必要になります。

知っておくと役立つメリット

男女

幹細胞培養のメリットとしてあげられるのが、患者が自分自身の細胞を使用して病気や怪我の治療ができることです。他人の細胞を使用して治療をする場合には、免疫などの問題があり治療がスムーズに進められないこともありましたが、自分の体から作られた細胞を使用して治療をすることにより、患者の体に負担をかけずに治療ができます。さまざまな治療に使用できることも幹細胞培養をすることのメリットになっていて、幹細胞は注入した場所に応じて多様な細胞に分化することができる能力があります。治療が必要な個所に幹細胞を直接注入することにより、注入された細胞が体を正常な状態に戻すために必要な細胞に分化するために、従来よりも効果的に病気や怪我の治療ができるようになりました。

細胞

顕微鏡

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中